先輩の声先輩の声一覧へ

好きな英語を使って海外企業との仕事に挑戦したいです/技術部 2014年4月入社 国際関係学部国際関係学科卒

先輩の声(1)

ムラタシステムを選んだ理由を教えてください。

就職活動では、好きな英語を使う仕事をしたいという思いが強く、海外展開をポイントに企業を探しました。また手芸など自分の手でモノを作ることが好きで、実態のある製品を扱うメーカーを志望しました。はじめは事務や営業の職種で受けていましたが、私にはあまり面白さが感じられず、色々な職種を見ていくうちにムラタシステムと出会いました。プログラマーという仕事に興味が湧き、また面接などでの雰囲気の良さも印象的で、入社を決めました。

仕事内容を教えてください。

最初に配属された開発部ではWebアプリケーションの開発に携わり、WMS(物流倉庫管理システム)に、音声合成や音声認識の機能や、PC端末だけでなくスマートフォンやスマートグラスでシステムを利用できる機能を付加する開発を経験しました。当社が初めてWMSへ搭載する技術だったので、さまざまな技術情報を調べ試行錯誤しながらの開発でしたが、実現できた時の喜びはひとしおでした。
入社3年目からお客さまごとのカスタマイズを行う現在の部署に異動し、大規模なプロジェクトのソフトウェア開発に携わっています。

仕事のやりがいは?

技術職ならではのやりがいが2つあると感じています。1つは、自分の技術力が着実に上がっているという成長を実感できることです。去年できなかったプログラミングが今ならできるといった進歩が具体的にわかるのがうれしいですね。2つ目は、お客さま先で自分の作ったシステムが稼働するところを見て、お客さまの役に立っていることを肌で感じられることです。

文系学部出身のプログラマーですが、苦労などありましたか?

新人研修がみっちりとかなり充実しているので(笑)、技術的な不安は特にありませんでした。プログラミングの知識や経験はゼロの初心者でしたが、今では作ったソフトウェアが意図通りに動く達成感を知り、とても面白い仕事だと思っています。研修で基礎的な土台を作れたおかげで、入社3年目で「応用情報技術者」の資格も取ることができました。
文系だからといって心配はなく、むしろ設計資料などのドキュメント作りでは、文系の「表現力」が強みになると思います。

先輩の声(1)
先輩の声(1)
先輩の声(1)
先輩の声(1)

就職活動中の学生の方へメッセージをお願いします。

学生時代に機械もシステムも全く関わりのなかった私が、こうして仕事も好きになり気持ちよく働けているので、自分に合った道を選べたと感じています。就職活動では、はじめから無理に絞り込む必要はなく、選択の幅を広げて、色々な業界・職種を見てみてほしいと思います。何かを作るのが好きな人、最先端の技術を用いた開発にチャレンジしたい人は、ぜひ一緒に働きましょう。

エントリーはマイナビより受け付けています マイナビ2020

このページのトップへ