製品案内

ホーム > 製品案内 > SCMソリューション

SCMソリューション

パートナー企業を含めたサプライチェーン全体の可視化 商流&物流整流化による、サプライチェーン全体最適 WMS連携によるサプライチェーン全体のトレーサビリティ実現SCMソリューション

サプライチェーンには、店舗や購買・経理など、自社部門はもちろん、パートナー企業も含めて多くのプレイヤーが存在します。多数のプレイヤーが様々な帳票や情報をやり取りすることで、情報=商流・商品=物流は複雑となり「在庫が見えない」「発送状況がわからない」などの問題を発生させがちです。
ムラテックの「SCMソリューション」は、各プレイヤーが「ネットデータセンター(NDC)」につながることで情報を共有する仕組み。サプライチェーン全体を可視化し、商流&物流を整流化することで全体最適を実現します。
その最大の特徴は、WMS(物流統合管理システム)とのインテグレート。WMSによる情物一致の物流管理と連携することで、サプライチェーン全体のリアルタイムなトレーサビリティを可能にしました。

SCMソリューションの導入イメージ

店舗やベンダー、メーカー、共配センターなどのSCM上の各プレイヤーが入力した情報は、ネットデータセンター(NDC)に蓄積。関連プレイヤーが、WEBを通じて同データを参照するため商品や発送数、納期変更もリアルタイムに全員で共有できます。

SCMソリューションの導入イメージ

NDCでの情報の入出力はWEBブラウザベースのため、パソコンとインターネット環境があればご利用いただけます。集計や履歴確認、分析も容易に行えます。また、店舗でのPOSレジ連携も可能です。

特長

SCMソリューションの最大の特長は、SCMとWMS(物流統合管理システム)の連携です。 各倉庫単位でWMSとデータ通信を行い、在庫情報/納品先別トレース情報などをSCMソリューションで集計します。
情物一致の管理をWMSと連携することで、サプライチェーン全体のトレーサビリティをリアルタイムに実現し、入出庫+在庫、日付、ロット管理も万全。IFRS(国際会計基準)対応や、下請法対応にも有効です。

ムラテックSCMソリューションの特長
導入効果
発注業務の困り事
●電話・FAXによる発注
●業者ごとに異なる用紙で発注
データ収集・作成業務の困り事
●取引先ごとの納品書の手入力
●日々の仕入金額の集計
●発注履歴が紙ベースでしか残らない
請求業務の困り事
●伝票の訂正ミスや入力ミスが発生
●数量・単価のチェックが膨大に発生
●業者請求額と買掛額が一致しない
商品管理の困り事
●商品別、賞味期限管理を倉庫とFAXでやり取りしている
●商品別、出荷先管理が煩雑になっている
●季節、曜日等の波動管理が難しい
システム運用の困りごと
●システム開発を検討しているが導入費用が高く前に進まない
●システム専任担当者が必要
●追加業務開発にもコストがかかる
SCMソリューションで解決
インターネット上へのデータ発注
●発注内容や履歴の確認が可能
●締め時間までの数量修正も可能
インターネット上でのデータ管理
●納品データはリアルタイムで閲覧やダウンロードが可能
●CSVデータ形式での出力により、集計作業も容易
●入力制限により、入力ミス、訂正ミスが減少
●月次締切時のデータ集計業務が簡素化
●各種商品情報の取得が容易

商品別賞味期限別在庫管理・商品別出荷実績・商品別発注履歴・商品別在庫回転率

●上記データを参照し、製造計画の立案が可能
●原材料管理までのデータ管理も可能
システム管理
●最小コストでのシステム導入が可能
●システム専任担当者の負担が軽減
使用例
共同配送のモデル
工場原材料調達のモデル
このページのトップへ